海外進出の流れ

海外市場に挑む企業の多くは、進出に至るプロセス、進出後のプロセスの両方で、さまざまな壁に直面して歩みを止めてしまいがちです。
失敗リスクを軽減し、事業をスピーディーに前へ進めるために、事前に海外ビジネス推進の全体的な流れや、各フェーズで実施するタスクについて大まかに把握し、筋道を立てて考えることはとても大切です。

Step 1:「何に悩んでいるのか」を明確化する

漠然とした悩みを抱えてモヤモヤとした日々が続いている方は、まず「悩みごと」を明確にしてみましょう。

海外進出前の悩み(例)

戦略、ノウハウ、ネットワーク
  • 初めて尽くしで、何から手を付けたらよいのかわからない
  • 進出すべき国・地域や進出先の法規制がわからない
  • 市場の規模や競争環境がわからない
  • 自社製品へのニーズがあるかわからない
  • バイヤー・販売パートナーを探したいがどうすれば
  • 資金/人材ともにリソースが限られ、無駄打ちはしたくない
人的リソース
  • 海外事業の実務経験と語学力の両方を備えた人材がいない
  • 経営者目線を持って事業を推進する人材がいない
  • 生活上不便な地方圏に来てくれる人材は少ない
  • 費用をかけて人材募集しても応募がない
  • 先行き不透明な海外事業に正社員を採用するのはハイリスク
  • 今いる人材をできる限り活かして事業を進めたい

海外進出後の悩み(例)

戦略、ノウハウ、ネットワーク
  • 販路開拓に苦戦し、なかなか黒字化できない
  • 代理店任せでなく、現地のエンドユーザーと直接話をしたい
  • 現地パートナーとの契約を見直したい
  • オペレーション改善・品質向上に取り組みたいがどうすれば
  • 将来起こりうる労務・法務リスクに備えたいがどうすれば
  • 現地拠点から撤退すべきかどうか、判断に迷う
人的リソース
  • 拠点を設立しても、運営を任せられる人材がいない
  • 海外拠点長には複数機能の経験が必要。育成に時間がかかる
  • 海外駐在の希望者がおらず、外部採用も難しい
  • ローカルスタッフのマネジメントがうまくいかない
  • 現地の市場に精通し、人的ネットワークを持つ人材がいない
  • 現地パートナーとうまく関係構築できる人材がいない

Step 2:「どのフェーズにいるのか」を把握する

以下に示した海外ビジネス推進の流れを確認し、貴社の現在位置を把握しましょう。





Phase 1
検討

海外進出の検討
プロジェクト予算化

検討

自社の海外進出の可能性を検討。進出目的を明確化し、プロジェクトを予算化する。

  • 自社の現状把握と分析
  • 海外進出についての基礎情報収集
  • 初期計画の作成
  • 進出目的の整理、明確化、社内共有
  • 社内合意、進出検討プロジェクトとして予算化
  • プロジェクトチームの組成
Phase 2
調査

デスクリサーチ
国内/海外ヒアリング調査

調査

商品・ターゲット国・展開方法などを明確にするための情報収集。調査結果を分析し、ターゲット国を絞り込む。

  • 調査項目、方法の決定
  • 調査を実施
    • 外部環境(市場/競争環境/流通環境/法規制など)
    • 内部環境(技術/製品/人材/ノウハウ/資産など)
    • ターゲット国(政治/経済/法規制/消費者など)
  • 調査結果を分析
    • 外部環境(顧客分析/競合分析/マクロ環境分析)
    • 内部環境(自社分析)
  • ターゲット国の絞り込み
Phase 3
計画

戦略立案
事業計画策定

計画

分析結果をもとに、「ターゲット国にどの商品でどういうスキームで進出するか」の戦略を描き、事業計画を策定する。

  • 達成目標の設定 (定性・定量)
  • ロードマップ作成 (タイムライン・工程)
  • 進出戦略を立案
    • マーケティング
    • プロモーション
    • 営業・販売
    • 知的財産など
  • 事業計画を策定
    • 業務計画
    • 人員/採用計画
    • 資金/収支計画など
Phase 4
検証

事業計画の検証
(フィージビリティスタディ)

検証

事業計画の実現可能性を現地視察で確認。 国内でより詳細な計画検証を並行して実施。海外進出の最終判断を行う。

  • 現地視察を実施
    • 現地事情を直接確認
    • 現地パートナー候補との面談
  • 海外展示会への出展
  • 海外テストマーケティングの実施
  • 国内での詳細な市場調査を実施、計画を検証
  • 戦略の再検討/ 事業計画の修正、最終決定
  • 社内人員体制の整備




Phase 5
実行

拠点設立
仕組みの構築
営業活動スタート

実行

拠点を設立し、運営の仕組みを整備。 現地パートナーとの契約を締結。営業活動を始動させる。

  • 拠点設立手続き
  • 拠点運営体制の構築
  • 現地パートナー決定・契約締結
  • 営業活動 (販路の確保)
  • 関係各所との連携 (物流網、資金回収の仕組み構築など)
  • 各種許認可申請
Phase 6
運営

事業スタート
拠点マネジメント
販路開拓

運営

拠点のデイリーマネジメントを遂行。 営業活動を推進しながら、次の拡大フェーズに向けた種まきをする。

  • 拠点マネジメントを遂行
    • 販売活動管理
    • オペレーション管理/QC活動
    • 財務/労務/法務管理
    • 日本本社とのコミュニケーションなど
  • 現地パートナーとの関係構築、現地の情報収集
  • 新たな販路を開拓

自社の課題と現在位置を把握できたら、課題解決のための目標を定め、その目標を達成するためのアプローチを戦略的に考えていきます。
課題解決や意思決定を、海外ビジネスのプロに支援してほしいという方は、サイエストへお気軽にお問合せください。

お問い合わせ

グローバル顧問

伴走型コンサルティングサービス

詳しく見る